流動化処理土

土の締め固めが困難な狭い施工や空間・水中に土をしっかりと盛り立てなければならない土工・入り組んだ狭い鉄筋間に材料を流し込み出設できます。

流動化処理工法の特長

  1. (1)地震時の液状化や地下浸透水の浸食を防止します。
  2. (2)建設発生土第1~4種を使用します。
  3. (3)空隙充填可能
  4. (4)転圧不要
  5. (5)再堀削が可能
  6. (6)強度調整可能

利用対象となる工事

  • 共同溝の埋戻し

  • 路面下空洞の充填

  • 埋設管の埋戻し

  • 橋台、擁壁の埋戻し・裏込め

  • 地下鉄複線シールドの
    インバート部への利用

  • ケーブル埋設・埋戻し

  • 軟弱地盤の沈下で生じた
    建物床下空間の充填

  • 建築物の埋戻し

  • 護岸の裏込め
    (水中施工を含む)